億り人が海外FXを使ってはいけない理由

税金のかからないFX運用会社スキームは? その2の続きで、閑話休題です。

 

 

Photo by big.tiny.belly on Unsplash

 

XM、FBS、AXIORYなどなど、海外FX会社は数多くありますが、億り人を目指すなら、または億り人なら、海外FXを利用するのは賢い選択とは言えません。前回の記事で整理した税額を1億円を稼いだ億り人向けに修正しますと、次の通りです。

 

億り人の税額

  • 日本のFX会社利用  2,000万円
  • 海外のFX会社利用  5,500万円

 

ナント!その差額は、3,500万円です。

日本なら、新築一戸建てを1軒買えるのではないでしょうか。それも、毎年。

ここまでの税額ですと、日本政府のためにFXで稼いでいるといっても過言ではありません。高級官僚さんの退職金の半分ぐらいにはなるかもしれませんからね。

 

1億円を稼いで、税金を納め、翌年は4,500万円からスタートする。こんなことでは、複利効果も激減ですね。

 

もちろんこの前提は、億り人が日本居住者であり、個人の所得の場合です。つまり、日本に納税義務のある個人の方です。海外にすでに住んでいるなら、その国の税制次第です。香港やシンガポールならキャピタルゲインは非課税ですので、細かな点はさておき無税でしょう。

 

ただ、税金のために海外に住むという発想は僕にはありません。日本ほど住みやすい国はないと思っておりますゆえ。暴動が起きることもなく、世界中の食を簡単に味わえる、こんないい国はありません。

ちなみに、日本に住みながらどこまで税額を抑えられるかを研究するのが、国際税務オタクの真髄でもありますし。

 

海外FXで上げた利益を確定申告しないという方もいるかもしれません。これはもちろん脱税です。

どうしても、海外FXで取引したいという方は、その口座にお金をずーっと置いておくわけにもいかないでしょうから、出口戦略が必要ですね。つまり、税額を極力抑えて、日本に持ち込むというタックスプラニングが重要になってきます。

 

ということで、出口戦略がないのであれば、億り人なら海外FXは使わないことが賢明です。

 

ちなみに、AXIORYはベリーズ、XMはセイシェルが免許上の拠点です。いわゆるタックスヘイブンですね。FX会社のライセンス料は安価ですし、法人税もゼロですから、FX会社自体はしっかり出口戦略があるということですね。

 

次回は、オフショアカンパニーによるFX運用会社の話です。続く。

Free-Enterprise

コメント